野鳥だいありー

主に関東中心に野鳥や、昆虫を探したり

三宅島の野鳥たち~大路池編~

大路池のバス亭に到着すると三宅島を代表する鳥、アカコッコが電柱の上からお出迎え

f:id:raito094:20190430015218j:plain

 

大路池の入り口からもうすでに鳥のさえずりがいたるところから聞こえてくる。

この様子は「さえずりのシャワー」と表現されており、大路池は日本一のさえずりスポットと呼ばれているそう。

ちなみにこのさえずりのシャワーは9時頃には落ち着いてしまうので早朝がおススメ。

 

大路池の自然観察施設であるアカコッコ館は後の楽しみとして、まずは大路池を周ってみました。

 

大路池の野鳥

 イイジマムシクイ

さえずりのメインボーカルはこのイイジマムシクイです。

この子の声を聞かない時間はないんじゃないかというぐらいのさえずりの頻度と個体密度。スズメほどのサイズなのにそばで聞くとうるさく(といっても耳当たりのいいさわやかな声)感じてしまうぐらいの声量。

f:id:raito094:20190430015222j:plain

 

f:id:raito094:20190430015235j:plain

f:id:raito094:20190430015224j:plain

 

オーストンヤマガラ

日焼けしたヤマガラみたいな色をしたヤマガラの亜種f:id:raito094:20190430015215j:plain

f:id:raito094:20190430015216j:plain

f:id:raito094:20190430015220j:plain

 

亜種ミヤケコゲラ

本土のコゲラとの違いがパッと見わからないので本土に迷い込んだとしても絶対気が付かないと思う。

f:id:raito094:20190430015214j:plain

 

亜種シチトウメジロ

本土のメジロよりも嘴が長い。

f:id:raito094:20190430015217j:plain

 

タネコマドリ雌?

飛んでいた蛾(ツバメエダシャク系?)をキャッチしていた

f:id:raito094:20190430015219j:plain

 

イタチ

三宅島のイタチは1980年代にネズミ駆除を目的として導入されたが、今は島の生態系に深刻な影響を与えている。

f:id:raito094:20190430015221j:plain

 

オシドリ 

池では渡りの途中で立ち寄ったのか、オシドリが滞在していた

f:id:raito094:20190430015223j:plain

 

ササゴイ

f:id:raito094:20190430015233j:plain

 

ゴイサギ

恥ずかしながら成鳥は今回の三宅島が初遭遇

f:id:raito094:20190430015228j:plain

 

迷子椎

しばらく歩くと「迷子椎」という樹齢数百年のスジダイに遭遇

森林で迷子になってもこの樹を目印にすれば助かることからその名がつけられており、

三宅島の幾度の噴火にも耐え抜いてきた生命力あふれる樹木だそうだ。

f:id:raito094:20190430015255j:plain

 

カラスバト

迷子椎の近くでなんと再びカラスバトに遭遇

大路池ではカラスバトの鳴き声も何度も聞くことがあったが、暗い森の中で聞くと妖怪の鳴き声のような不気味さを感じる。

f:id:raito094:20190430015227j:plain

 

岩の下のシジュウカラ

f:id:raito094:20190430015234j:plain

 

アカコッコ

大路池を周ったところでアカコッコ館へ

アカコッコ館内では三宅島の野鳥たちの生態説明がパネルで展示されており、人の立ち入りが禁止されている人工の水辺を観察できるコーナーが設けられていた。

 

モスケミソサザイ(証拠写真)

アカコッコ館敷地内を飛び回っていたるところで囀っていた。

本土のミソサザイと同じくさえずりは綺麗で複雑なメロディをしており、声量も大きい。

なんだか暗いところで素早く動く黒い物体といった感じだったのでゴの付くあの昆虫を思い浮かべてしまう。

f:id:raito094:20190430015229j:plain

 

アカコッコ

そしてアカコッコ館敷地内では三宅島を代表する固有種、アカコッコ

アカコッコはお腹が赤いことから島では「アカッパラ」と呼ばれているそう

 

1日目にあった個体はかなりこちらを警戒していたが、2日目に観察コーナーの水辺に現れた個体は1mほどの近さまで近寄ってくるほどにフレンドリー(?)な個体だった

f:id:raito094:20190430015225j:plain

f:id:raito094:20190430015226j:plain

f:id:raito094:20190430015230j:plain

f:id:raito094:20190430015244j:plain

f:id:raito094:20190430015246j:plain

f:id:raito094:20190430015245j:plain

f:id:raito094:20190430015247j:plain

 

コジュケイ 

途中に雨に降られたときに雨宿りをしていると超至近距離でコジュケイが通りかかった

f:id:raito094:20190430015231j:plain

 

オーストンヤマガラ

晴れた2日目には駐車場近くでもオーストンヤマガラに遭遇

f:id:raito094:20190430015239j:plain

f:id:raito094:20190430015238j:plain

 

アリの捕食と羽繕いを交互に繰り返すよくわからない行動をしていた。

f:id:raito094:20190430015240j:plain

f:id:raito094:20190430015241j:plain

 

何かの幼虫を捕食するオーストンヤマガラ

f:id:raito094:20190430015237j:plain

f:id:raito094:20190430015236j:plain

 

ハネナガブドウスズメ?

鳥に襲われたのか触覚が1本欠損し、足も2本しか残っていない状態で弱りかけていた。

f:id:raito094:20190430015258j:plain

f:id:raito094:20190430015257j:plain

 

2日かけて大路池を散策したが、タネコマドリが撮れずじまいだったのが心残り。

今度来るときに撮れれ

 

~遭遇した鳥~

シチトウメジロオーストンヤマガラアカコッコ、モスケミソサザイ、イイジマムシクイ、ミヤケコゲラカラスバトササゴイゴイサギオシドリコサギ、ウミウオオバンハシブトガラスシジュウカラ、タネコマドリコジュケイ